VS-PROJECT.COM TOPICS CONCEPT EVENT INFO CONTACT US
JAPANESE ENGLISH
ARTISTS
TOSHINORI KONDO
JUNICHI ARAI
MICHIO AKITA
TOM REYES
TOSHINORI KONDO [electric tp]
近藤等則 [エレクトリック・トランペッター]

ヨーロッパやアメリカでも高い評価を獲得し、世界を舞台にグローバルな活動を続けるエレクトリック・トランペッター。国内外の個性的なミュージシャン達との競演を重ね、参加したライブやレコーディングは膨大。ビル・ラズウェル[b]、ジョン・ゾーン[sax]、デレク・ベイリー[g]、ハービー・ハンコック[key]、ピーター・ブロッツマン[sax]、DJ-KRUSH、布袋寅康[g]、栄芝[小唄]等。1948年愛媛県今治市生まれ。1972年京都大学卒。1978年にNYへ移住。1983年まで欧米のアーティスト達と共演し、世界中を駆け抜ける。1984年IMA(International Music Activities)バンドを日本で結成し、世界各地でライブを敢行。20世紀の音楽要素(ロック&ジャズ&DJ・・・etc.)を全て融合した革新的な独自のサウンドが大きな話題に。また、国内では、資生堂やアサヒビール等のCMに起用され、本人も出演。雑誌へのエッセイ連載等でも活躍。 1993年IMAバンドを解散し、アムステルダムに活動拠点を移し、さらに自己の音楽への覚醒をし続ける。イズラエル ネゲブ砂漠(93年)から「地球を吹く」シリーズを開始。ペルー アンデス山脈 (94年)、沖縄 久高島(96年)、ヒマラヤ ラダック(97年)、アラスカ マッキンレー(01年)、熊野(02年)と、ネイチャー+スピリット+テクノロジーという三つの要素を踏まえ、自然との対峙を続けている。その一部は、NHK番組として放映された。また、ダライ・ラマ14世のチベットハウス(インド ニューデリー)より依頼を受け、2001年には、広島県宮島厳島神社にて「世界聖なる音楽祭」をプロデュース。 2003年には『The 吉原』(栄芝×近藤等則 / ビクターエンタテインメント)を発表し、第45回レコード大賞企画賞を受賞。2004年、松岡正剛(日本文化・情報文化研究者)、土佐尚子(メディアアーティスト、京都大学特任教授)によるZENetic Computer (コンピュータによる山水禅)の音楽を担当し、MIT(マサチューセッツ工科大学)等で発表を行う。2005年、広島・長崎原爆投下60周年を迎え、黒田征太郎、荒木経惟、安藤忠雄らと共にPIKADON projectを開始。同年、ジョン・ゾーンのレーベルTzadikより、ソロ・アルバム『風狂』を発表。 2006年4月には、「アースデイ東京2006」のテーマ曲 “Pray for the Mother Earth”をSUGIZO[g,vln]と共作し発表。アースデイ東京野外ステージにて、PIKADON東京2006として黒田征太郎とライブ・ペインティングを行う。また、同年4月、都内2カ所で、LA出身の抽象画家トム・レイズとのアート・ライブ・セッション “VISIBLE SOUND”を開催。二人の美しき魂の交信により生み出されたサウンド&アートは、大きな話題となった。同年8月、富士山六合目にて、milky way concert 2006 “地球を吹く”を開催。同年秋、知的障害者のための福祉施設「JOY倶楽部プラザ」(福岡市)の音楽チーム“JOY倶楽部ミュージックアンサンブル”へ、新曲(3曲)を提供、及び、演奏指導を担当し、スタジオ録音によるCDを発表。また、年末12月21日&22日は、“響鳴する宇宙 近藤等則ソロ 地球を吹く”と題し、Hakuju Hall(東京)にてソロ・コンサートを予定している。2006年は、アムステルダムと東京を二大拠点とし、12年振りに日本でのライブと、制作活動を精力的に展開中。ジャンルのボーダーを越えて、多くの表現者とのコラボレートに意欲的である。その中で、音の求道者、近藤等則が生み出すものこそ、21世紀の音楽シーンの新たな可能性を予感させるに違いない。
PAGE TOP
(C)Lovin' JAZZ on the planet